返済計画やお金を借りる意味をしっかり知ることが大切

即日融資や低金利ローンだけがゴールではない
  • 低金利ローンでお金を借りるご検討の方へ!6月18日より改正貸金業法(総量規制)が制定されました。お金を借りる前にチェック!
    簡単に説明すると・・・総量規制とは個人の借入総額が原則年収の三分の一までに制限される仕組みになります。


    現在お借入がある方は、借入残高が年収の三分の一を超える場合の新しい借入が出来なくなります。借入の際は「年収証明」の書類が必要になります。上限金利が29.2%から15%〜20%に引き下げられます。新しい借入を希望する場合は指定信用情報機関が保有する「個人信用情報」を使用し他の貸金業者からの借入残高を調査します。お借入を考えている方で、現在お借入がある場合は、一度お借入額の確認を!


    キャッシングに限らず、お金を借りたときに払うのが利息です。返済期間を通じて支払う利息と、元金を合わせた金額を総返済額といいます。今回は、この総返済額にスポットを当てて、キャッシングのコツを考えてみましょう。

    キャッシングと上手に付き合うためには、支払う利息ができるだけ少なくなるように借りて、返せばよいのは言うまでもありません。利息は、借入金の残額に応じてその都度計算されます。

    たとえば、40万円を金利18%でキャッシングした場合、1回目の返済金のうち、5917円が利息の支払にあてられます。毎月2万円返すなら、残りの1万4083円が元金の返済にまわされます。2回目は利息が5709円、元金返済が1万4291円という内訳に。

    このように、一般的な返済方法の場合、毎回返済額の一部が利息にあてられ、残りが元金の返済にまわされます。このため、いくら利息を払って、いくら元金を返しているかハッキリとわからないのが現状です。

    そこで、注目すべきが総返済額。総返済額をできるだけ減らすようにすれば、結果的に支払う利息も少なくなります。総返済額を減らすコツは、ズバリ「できるだけ低い金利で、できるだけ少なく借りて、できるだけ早く返す」の3原則です。

    このうち、「できるだけ早く返す」ためには、毎月返済額を増やす方法があります。次の図は、40万円を金利18%でキャッシングしたときに、毎月2万円ずつ返すプランと、3万円ずつ返すプランの比較です。

    毎月返済額 返済回数 総返済額 支払利息
    2万円 24回 47万 7759 円 7万 7759 円
    3万円 15 回 44万 8840 円 4万 8840 円
    総返済額は3万円ずつ返したほうが、2万8919円少なくなっています。たとえ、毎月2万円ずつ返せばよい契約でも、少しがんばって3万円ずつ返していけば、総返済額を減らすことができるのです。
  • クレジットカードは、ショッピングでの利用を目的としたカードです。
  • よく「お財布にお金がなくても〜カード1枚で〜」みたいな言葉を聞きますが、皆さんがおでかけの時に、まさに「カード1枚」で全ての支払が可能なので、現金不要でのお出かけが出来ます!!
  • クレジットカードは、カード会社ごとに各種サービスが付帯しています。年会費無料や、各種ポイントサービス、各種施設利用の料金割引サービスetcがあります。皆様のご利用範囲に合せてカード選びをすることも大事です。例えば、ポイントを集めるならポイントバックが高いカードを選んだり、お出かけが多い方は施設利用サービスが多い(または旅行での保険サービスがある)カードを選んだり、選択範囲はとても広くあります。
  • カード利用の利用代金は、毎月の口座引き落としになります。一括払い、分割払い、定額リボルビング払いなど、支払方法も各種あるので、ご利用に合せてお支払方法が選べるのも便利な点です。

  • パートやアルバイト、専業主婦でも融資は可能です


    お金を借りるためには、審査に通る必要があります。
    消費者金融が行っている審査に通過しなければ融資を受ける事が出来ません。
    特に、アルバイトやパート、専業主婦といった方は、きっと審査に通らないからと初めから諦めてしまっているかもしれません。
    しかし、諦める必要はありません。
    ぜひ、申し込みにトライをしてみましょう。
    消費者金融が定めている審査基準として、ある一定額の安定した収入がある方という記載を良く目にします。
    これは、アルバイトやパート方であっても一定額の収入があればOKという意味合いです。
    極端に収入が少なければ別ですが、一定期間仕事を続けていて収入が得られていれば審査に通る確率は高くなります。
    収入がない主婦の方も安心してください。
    旦那さんが一定額の収入条件を満たしていれば審査を受ける事が可能です。
    それでも心配だと言う方は、消費者金融のホームページ上にある審査シュミレーションを活用してみてはいかがでしょうか。
    実際に審査を受ける前に、シュミレーションとして簡単な質問に答えるだけで良いのです。
    ここで審査OKとなれば、審査を受ける気持ちも前向きになれますよね。
    消費者金融とはとても便利なものです。
    即日融資や低金利ローンなどのサービスが充実している会社もたくさんあります。
    返済計画なく、お金を借りる事はしてはいけません。
    ですが、必要な時に必要な金額だけ融資を受けられる場所があれば日々の生活の安定が生れます。

借りる事ができるお金には上限がある


消費者金融でお金を借りよう。
しかし、10万円、20万円、30万円・・・100万円、200万円、300万円と自分がほしいだけのお金を借りる事ができるわけではありません。
総量規制という決まりがあり、自分の年収の3分の1までしか今はお金を借りる事ができなくなりました。
年収が300万円なら借りれるお金は100万円までという事になります。

また、自分の年収が300万円だから必ず100万円までは借りる事ができるというわけではありません。
消費者金融では、お金を借りるために審査を受ける事になるのですがその審査で借りる事ができるお金の上限も決定される事になります。
このお金の上限は、年収や年齢、お金を借りた履歴などそれぞれ個人の条件によって決定しますので年収がいくらだから借りる事ができるお金の上限はいくらとは一概に言えません。

他には、消費者金融にもお金を貸し出す上限があります。
最近は多い所で500万円が上限となっています。
年収が1500万円以上の人でも借りれるお金の上限は、決まっていますので注意してください。

この消費者金融で借りる事ができるお金の上限は、審査によって決まります。
5万円でいいのだけれど、上限が50万円だという人はまたまとまったお金が必要になった時にその上限以内でお金を借りる事ができます。
何度も手続きをしなくていいので1度申し込みをしてしまえば大変便利です。

自分がちゃんと毎月返済できる金額のお金を計画的に借りましょう。



フクホー
関西地方のお客様におすすめ!!